コペン編

10mmのホイールスペーサーではツライチにはなりませんでしたが思ったより良い感じ?

投稿日:2017年3月1日 更新日:

今回はお試しで10mmのホイールスペーサーを付けてみました。

10mmなので当然ツライチにはなりません。でも見た目が少し変わって良い感じです。

多分誰も気づかないレベルですね。完全に自己満足です。

10mmなので純正のハブボルトではナットが締まらないので10mm長いハブボルトに打ち替えてもらいました。

今回使ったものがこちらです。

今回使用したものは全くオススメしません。

スペーサーのボルト穴はデカすぎるし内径約56と書いてあったので、ハブリング買ったら約56が58もあってハブリングがあまり役に立っていない感じです。

とりあえず取り付けることが出来たので、新規でアルミとタイヤを買うまではこのままでいきます。

一緒にタイヤローテーションもやってもらいましたので、交換時期がスペーサーを取り外す時だと思っています。

走りに関しては、少し車が安定した様に感じました。

世間ではスペーサーを入れるとハブボルトが折れたりして危険と言われていますので、多少の不安はありますが、しばらくは様子を見ることにします。

 

土日で少し走りこんだ感想です。

コーナーでは、リアが踏ん張っている感じが伝わってきます。

でも、以前より路面の凸凹が車体に伝わってきているように感じます。たまに不快な感じになります。このまま、この感じが続くようなら、スペーサーを外したいとおもいます。

見た目より乗り心地優先でいかないと意味はありません。

10mmハブボルトを長くしたので、ナットも純正の21mmを31mmに変更しないとスペーサーを外してもタイヤが取付出来ません。

 







-コペン編
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ツライチオフセットの計算方法でホイールを選ぶ!

ツライチを目指してアルミホイールを選ぶときオフセットはどのように計算するのか?今回はそんな疑問を少しだけ解決する方法を調べてみました。 今までは、純正ホイールで満足していたのでタイヤ交換だけでした。し …

ナポレックス アーマオール プロテクタントでゴム部分のツヤ出しをしました。

ナポレックス アーマオール プロテクタントは、ゴム・プラスチック・ビニールレザーなど、あらゆる合成素材の保護、ツヤだしに最適の1本です。とあるので、コペンセロを半オープンにして、アーマオールを塗り塗り …

Jmode コペンセロフロントグリルが2タイプあります。

Jmodeさんでコペンセロのフロントグリルがついに完成したそうです。 コペンセロのフロントグリルはヤフオクに出ていたコレだけでした。 ⇒ フロントグリル でも今回、Jmodeさんがタイプ1とタイプ2の …

コペンセロにDefiブースト計を取り付ける作業その3

コペンセロにDefiブースト計取り付ける作業その3です。今回で完成予定です。 今回は、電源関係です。付属の電源ハーネスにはコネクターが付いていないので取り付ける場所によってコネクターを選ばなくてはいけ …

コペンエクスプレイ・コペンセロ・コペンローブのサブコン『CRTD2® Petrol Tuning Box』が購入可能!

コペンエクスプレイ・コペンセロ・コペンローブのサブコン【CRTD2® Petrol Tuning Box ガソリン車用】が発売されています。 コレを取り付けて、80PSを体感しよう! ■適合車種: コ …

  • SEOブログパーツ
boy-946221_640-300x203