コペン編

コペンセロの乗り心地改善の為インチダウンしてみました。その効果はあるのか無いのか?

投稿日:2018年8月27日 更新日:

コペンセロの純正タイヤが交換の時期にきたので、今回思い切ってインチダウンすることにしました。

走行距離:34,721キロ

純正のスポーツタイヤからエコタイヤに交換します。サイズも165/50r16から165/60r15

に変更します。

エコタイヤの中から選んだのがルマンV(ファイブ)です。

ルマンVは、サイレントコア搭載で静粛性があり乗り心地が良くロングライフだとあったのでお試しを兼ねてルマンVにしました。

アルミホイールも16インチ4.5J +45から15インチ5J +45 に変更しました。

昔から一度はホワイトホイールにしたかったのでその中でもお値打ちなレアマイスター LMスポーツファイナル(ホワイト) にしました。センターキャップの赤もお気に入りの点です。

ホイールナットはアルミホイールが高くて手が出なかったRAYSのスチール製にしました。

RAYSマークも気に入ったのですが、間近でみないと全く見えないほど存在感がありませんが信頼性をかってRAYSナットにしました。

レアマイスター LMスポーツファイナル(ホワイト) のハブに合わせてハブリングも取り付けました。

ホイールが4.5Jから5Jに変わったので10mmのスペーサーを5mmのスペーサーに変更しました。

実際の乗り心地ですが、想像していた以上にソフトになりました。

どちらかといえば気分が悪くなるほどフワフワした乗り心地です。

60はやりすぎたかもしれません。

サイドが本当に柔らかくてタイヤ標準の空気圧だと指で押してもその柔らかさを実感できます。今度空気圧をあげて一度乗ってみたいと思います。取り敢えず慣れるまで我慢ですね。慣れるかどうかもわかりませんが。

ホワイトホイールは分かっていたことですが、純正のブレーキローターとブレーキパッドでは汚れがつきやすいですね。数十キロ走っただけでもダストで汚れてしまいました。

ホワイトホイールは本当に汚れが目立ちます。でも遠目ではわかりませんけどね。

アルミホイールとタイヤの総重量は、12.15キロなので純正より少しだけ軽くなりました。

早急にDIXCELの防錆ローターとダスト超低減Mタイプのブレーキパッドに交換します。

-コペン編
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コペンセロ アライメント測定実施!

コペンセロに車高アップスプリングを取り付けたのが昨年です。 その後馴染みが出てきたのでアライメント測定を行うことにしました。 人生で車のスプリングを交換したのも初めてならアライメント測定も初めてになり …

コペンセロのフォグランプをLEDフォグランプに交換しました。

今日は、フォグランプの交換をしました。交換したフォグランプは「DIABLO startech オールインワン 8000ルーメン  LEDフォグランプ」です。 「DIABLO startech オールイ …

コペンにアイストキャンセラー カプラーオンタイプを付ければ便利になるのか?

冬場に「アイドリングストップ」がかかるとヒーターが切れてしまうのでちょっと困りますね。 それに、毎回通勤時に「アイドリングストップ」をオフにするのも面倒ですね。 そこで便利な商品が「アイストキャンセラ …

ツライチオフセットの計算方法でホイールを選ぶ!

ツライチを目指してアルミホイールを選ぶときオフセットはどのように計算するのか?今回はそんな疑問を少しだけ解決する方法を調べてみました。 今までは、純正ホイールで満足していたのでタイヤ交換だけでした。し …

イエローハットでオイル交換とオイルフィルター交換しました。

日曜日の夕方にインテークエアホースの無償交換が終わりました。 流石に新品なので綺麗ですね。今度の部品はいつまで大丈夫なのか?ちょっと心配です。 そして今日はやっとコペンセロのオイル交換とオイルフィルタ …

今すぐ仕事に結びつく資格&技能

プチリッチへのインターネット収入ツアー 1日30分から自宅でイージー・ゼロスタート!!

FBプチリッチ本なか見探索!無料覗き見&プレゼントキャンペーン

  • SEOブログパーツ
boy-946221_640-300x203